新潟の地酒・日本酒の通販 やまさ

越路乃紅梅[頚城酒造]

越路乃紅梅[頚城酒造]

全9件中9件表示

並び替え:
価格の低い順
価格の高い順
おすすめ順
新着順

頚城酒造(越路乃紅梅)について

頚城酒造

頚城酒造の職人 麹づくり頚城酒造は新潟県の南西部にある「柿崎」という小さな街にある蔵元です。創業は1936年(昭和11年)ですが、歴史を遡ると八木家五代 八木善六郎が、1697年(元禄10年)に10石2斗を醸造したのが、頚城酒造の酒造業の始まりと伝えられています。

頚城酒造の酒樽頚城酒造のある柿崎は、日本三大薬師の一つ「米山」のふもとの街であり、海と山に囲まれた自然豊かな街です。中山間地から湧き出る、平成の名水百選に選ばれた名水「大出口泉水」に代表されるように、豊かな水に恵まれた柿崎はそれゆえに農業も盛んで、素晴らしいお米の産地でもあります。また古くから酒造りの技術集団でもある「頚城杜氏」の出身中心地として、酒造りの伝統文化が継承されてきた、越後杜氏の故郷でもあります。このような土地柄にて頚城酒造は、酒の香りと味を磨き続けてまいりました。

『頚城酒造は、オンリーワンの新潟地酒を目指します!』
名水を使い、柿崎の契約栽培米を用いて、頚城杜氏の伝統技術により醸した酒の魅力を、製品を通じ100%伝えることにこだわります。そのために、普通酒、本醸造生貯蔵酒の2種を除き、全ての製品は一切濾過をせずに無濾過の酒とし、火入れは全て瓶燗一度火入の製品としております。

食事の中で活きる新潟らしい「口当たり旨く、後口切れるキレイな酒」、これを一切の濾過なく、出来上がった酒のままで追求することで、新潟淡麗を実現しています。つまり、すべて高水準で揃っている新潟柿崎の地酒のポテンシャルを100%表現することにこだわり、オンリーワンの新潟地酒を目指しています。

頚城酒造 大出口泉水水…仕込み水は柿崎の清らかな水を100%使用しています(柿崎は名水の故郷)水が豊かな柿崎は、古くから多くの井戸があり、頚城酒造でも酒造りに最適な軟水が湧き出ております。酒の仕込みは、この自家井戸と平成名水百選に選ばれた「大出口泉水」を、目指す酒質により使い分けて使用しており、素晴らしい水質を変えないよう、紫外線殺菌装置にて殺菌をしております。

頚城酒造 稲刈り米…酒造好適米は地元契約栽培米100%です
米作りの盛んな柿崎は、酒米作りも盛んであり、30年以上前から「契約栽培」での酒米作りを依頼し、それにより様々な酒造りを行ってきました。現在は柿崎の8組の農家に4種類の酒米作りを依頼しており、酒造好適米に関しましては、平成30年BYより全量柿崎産契約栽培米となります。

頚城酒造 酒蔵雪蔵人…頚城杜氏の伝統技術が継承されています
日本四大杜氏の一つに数えられる越後杜氏。その中でも流派が分かれますが、大きな勢力を持ち名杜氏を輩出し続けてきたのが「越後杜氏」です。柿崎・吉川の両街を中心として形成される頚城杜氏は、新潟県内外における酒造りにおいて、大きな功績を残してきました。酒造りは脈々と受け継がれてきた伝統を継承した地元の杜氏・蔵人で行っており、現在は頚城杜氏の吉崎司(40代)が、酒造りの現場を取り仕切っております。

ひやおろし

日本酒の日

やまさフリーダイヤル:0120-803887

利酒師・金の達人 佐藤真智子