新潟の地酒・日本酒の通販 やまさ > 萬寿鏡[(株)マスカガミ]

萬寿鏡 (株)マスカガミ

(株)マスカガミは、創業は明治25年(1892年)、越後の小京都、加茂市に所在しています。粟ヶ岳水系の水を使用し、常に高品質の酒造りを目指しています。高精白が自慢で、普通酒でも吟醸並みの60%以下の造りをしています。

確固たる信念と個性ある酒造りに熱心に取り組み、次々と特徴的でユニークな発想で、新商品を開発している。特に甕(かめ)に入ったお酒は、ロングセラー商品に成長し、好評を得ている。 >>萬寿鏡・(株)マスカガミの詳しいご紹介はこちら

萬寿鏡((株)マスカガミ)商品一覧

黒瓶 甕覗(特別本醸造)
黒瓶 甕覗
(特別本醸造)

1.8L 2,945円

720ml 1,473円

好評発売中の甕に入れて発売している「甕覗」が瓶詰で登場。
甕は既にあるから美味しかったお酒だけ欲しいという声に応えて発売となりました。

甕覗-かめのぞき-
甕覗
-かめのぞき-
(特別本醸造酒)

1.8L 5,400円

甕詰製品シリーズの最初のオリジナル品。お酒が一升甕に詰めてあり、添付してある柄杓で汲んで飲む趣向の品です。注いで飲む文化から、汲んで飲む文化への革命的な商品。

甕爽々-かめそうそう-
甕爽々
-かめそうそう-
(生貯蔵酒)

900ml 3,525円

甕詰製品シリーズの最初のガラス製品。ガラスの透明感と清涼感で、涼しさを演出したものです。夏ならではの生貯蔵酒が入っています。
春夏季限定酒 数量限定

甕香梅-かめこうばい-
甕香梅
-かめこうばい-
(梅の実入り 梅酒)

720ml 3,780円

マスカガミ自慢の清酒仕立ての梅酒を梅の実と一緒にガラス甕に詰めたものです。酒を汲み、梅の実をかじり、また酒を汲む。
季節限定酒 数量限定

萬寿鏡 F60(エフロクマル)
萬寿鏡 F60
-エフロクマル-

1.8L 2,484円
720ml 1,242円

マスカガミから”F60 = 新機軸の定番酒”が新登場。吟醸酵母を使用し、火入れを1回のみに留め、穏やかな吟醸香をともなった軽い口当たりのこだわりのやや辛口酒。
初期数量限定酒 数量限定  
※新発売 H28.4月4日〜

萬寿鏡 F40(エフヨンマル) 限定醸造
萬寿鏡 F40
-エフヨンマル-
(限定醸造)

1.8L 3,000円
720ml 1,500円

精米歩合40%、酒米はたかね錦使用。普通酒並みの価格でありながら、大吟醸造りの贅沢なお酒。
期間限定酒 数量限定 予約受付中 
※H28.11月、12月のみ蔵出し

萬寿鏡 J55(ジェイゴーゴー) 山廃仕込み
萬寿鏡 J55 Yamahai
-ジェイゴーゴーヤマハイ-
(山廃仕込み)

1.8L 3,000円
720ml 1,500円

乳酸菌によって乳酸を生成させる伝統的なモト造り(山廃仕込み)を行うことで、通常よりもゆっくりと時間をかけて、より豊かな酸味と風味のあるお酒に仕上がりました。
期間限定酒 数量限定
※新発売 H28.9月〜

萬寿鏡 J55(ジェイゴーゴー) 速醸仕込み
萬寿鏡 J55 Sokujo
-ジェイゴーゴーソクジョー-
(速醸仕込み)

1.8L 3,000円
720ml 1,500円

香り豊かな1801酵母を使用し、現代主流のモト造りである“速醸仕込み”を行うことで、すっきりと爽やかな味わいの純米吟醸に仕上がりました。
期間限定酒 数量限定
※新発売 H28.9月〜

萬寿鏡 J50g-Haru(ジェイゴーマルジーハル)
萬寿鏡 J50g-Haru
(ジェイゴーマルジーハル)

720ml 1,800円

「J=純米」「50=精米歩合50%」「G=原酒」を意味する純米大吟醸の無濾過生原酒。力強くフレッシュで甘口の味わい。
期間限定酒 数量限定 予約受付中
※新発売 H29.3月初旬頃〜

ひやおろし 特別本醸造 萬寿鏡
ひやおろし 特別本醸造 萬寿鏡

1.8L 2,945円
720ml 1,473円

秋限定の「ひやおろし」は特別本醸造の原酒。キレのある味わい。
秋季限定酒 数量限定 完売 予約受付中 

(株)マスカガミについて

萬寿鏡

マスカガミの職人(株)マスカガミのある新潟県加茂市は、新津丘陵の南側に位置し、東に粟ヶ岳、西には弥彦山を眺望できる風光明媚な地であり、古くから木工製品、とりわけ桐ダンスの産地として全国に知られています。また、歴史ある青海神社を中心に栄えた美しい町並みは、北越の小京都としても知られ、町の中心を流れる加茂川は、青海神社のある加茂山公園とともに市民に親しまれています。

そんな加茂川のほとりに立地し、明治25年創業以来、118年間にわたり酒造業を営み、現在の社長で五代目となります。 「萬寿鏡」という銘柄は、万葉集などの和歌に由来しますが、創業当時、所轄の税務署長が、おめでたい文字を当てて命名してくださったと聞いています。マスカガミの甕蔵の大甕

米へのこだわりも強く、酒米の精米歩合を大切に考えています。お米の外側には、ビタミンや脂質といった、食べれば栄養となる成分が多く存在しますが、それらがお酒の中に混入すると雑な味へと繋がります。それに対して酒の発酵に必要な主成分であるでんぷん質は、お米の中心にいくほど純粋に存在します。すなわち、お米を磨けば磨くほど、純粋なでんぷん質だけを使用して酒造りができ、雑味がなくスッキリと淡麗な中にも旨みのある良酒を醸すことができます。マスカガミでは、この理屈を曲げて良い酒は造れないと考えています。その表れとして、弊社で一番低価格な普通酒の製品「清酒 萬寿鏡」でも精米歩合60%(米の外側の40%を磨くこと)とし、さらに全製品の平均精米歩合が約55%と、全国の平均が67.3%、新潟県の平均が58.2%であることから、全国はもとより、酒どころ新潟県の中でも平均以上の良酒造りを心がけていると自負しています。


まだ「大吟醸」という言葉が知られていない昭和48年頃に、世にさきがけて製品「大吟醸 蔵之主」などを発売してきましたが、弊社の特徴的な製品の最たるものが、「甕覗」だと思います。この製品は、一升の陶器製の甕に特別本醸造酒が入っています。ひしゃくで汲んで注ぎあうスタイルは、とてもユニークであり、発売して20年余の今日でも全国に出荷し、主に贈答商品として皆様に好評を得てご愛顧いただいています。


注文タイトル

レビュータイトル

利酒師のいるお店です

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

お買い物ガイド


Copyright(c) YAMASA. All Rights Reserved.

ご注文方法 お支払方法 送料・箱代について 商品のお届けについて 返品・交換について 個人情報の取り扱いについて お店のご紹介