« 2009年09月 | メイン | 2009年12月 »

2009年10月 アーカイブ

2009年10月22日

限定3,000本!宮尾酒造「〆張鶴 吟醸 越淡麗」発売のお知らせ

村上市で収穫された越淡麗を100%使用し、その特長を生かせるように、丁寧な酒つくりを心がけました。
まろやかさとキレの良い香味をお楽しみください。

初めて造られた、出荷数3,000本のみという限定の酒となっております。

IMG_0052.JPG


「越淡麗」とは・・・
新潟県で15年ほどの歳月をかけて開発、栽培された新たな酒造好適米。
稲穂の背が高く倒れやすく栽培しずらいが、心白が大きく、大吟醸などの良い酒造りに適した酒米です。
今後もいい酒造りに欠かせない酒米となりますので、各蔵元はこの越淡麗を使用し試醸を行いようやく商品として発売に至っています。

-〆張鶴 吟醸 越淡麗-

720ml 1,617円
[蔵元] 宮尾酒造
[造り] 吟醸
[アルコール度数] 16度
[精米歩合] 50%
[日本酒造] +3
[原料米] 村上産越淡麗100%使用


(数量限定商品のため、在庫がなくなり次第終了させていただきます)

 
 
新潟の地酒ギフト専門店。越乃寒梅、〆張鶴、八海山、吉乃川などの日本酒の通販。お中元、お歳暮などの贈答に-やまさ

吉乃川 「希望の故郷へ」(ひかりのくにへ) 震災古酒&越淡麗 純米吟醸

~生き延びた古酒、感謝の気持ち込めて全国へ~

新潟日報社ふるさと復興キャンペーンと一体となったこの酒は、吉乃川が復興を支えてくれた県内外の多くの人々へ感謝を込めて売り出すお酒です。
「希望の故郷へ」(ひかりのくにへ)は古酒と越淡麗を使用した純米吟醸の2種類となります。中でも古酒は平成16酒造年度醸造酒。中越地震が発生した時、仕込み中でタンクの中にあったものを使っています。まさに地震の中、生き延びた酒です。5年間温度管理をし、古酒として味わい深いものになりました。
吉乃川は中越地震で大きな被害を受けました。大正時代の兵舎を移築した蔵は傾き、立ち入るのも危険な状態。酒を詰めた瓶が1万本、空瓶2万本が割れました。
瓶詰め工場はにおいがひどく入れません。16トン満水状態の水タンクが動きました。仕込んだ酒の入ったタンクが被害を受けました。「中からビーンという音がする。内側に張ってあるホーローの割れる音なんです。ホーローがないと酒が、直接タンクの鉄と触れて、だめになってしまう。」(川上社長談)まるで酒の悲鳴のようでした。タンクから吸い出すポンプは停電で動きません。社員が一丸となって頑張ろうと復旧に当たりました。でも大きな余震で気持ちが折れます。そんなとき手を差し伸べてくれたのが設備会社や空瓶問屋などの取引先の人々でした。中でも忘れられないのは、大手メーカーの社員。やまない余震に、東京の本社から「危ないから」と帰還命令が下りました。しかし技術屋さんは命令を無視して吉乃川に残り、復旧作業に当たってくれました。電気は3日目で復旧。11月、初出荷にこぎ着けました。傾く蔵の中で余震も続き、杜氏、蔵人をはじめ、社員たちは自分たちの生活もままなら状況で、固い結束のもと、酒造りに没頭しました。その結果、その年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞し、被害からの立ち直りを願う我々は強く勇気付けられました。また古い蔵での最後の造りとなった平成18酒造年度は新潟が生んだ新しい酒造好適米「越淡麗」で仕込んだ酒が初めて出品された年です。吉乃川は「越淡麗」の試験栽培や試験醸造に協力してきました。杜氏、蔵人が自らの手で作った「越淡麗」で金賞を受賞したことは、復興に向けて確実に歩んでいることを実感させてくれました。そして平成19年眞浩蔵(しんこうぐら)が完成。新しい蔵での酒造りも順調に進み、ついに昨年の造りで、眞浩蔵初めての金賞を受賞することが出来ました。これら3回の金賞受賞は、吉乃川にとって震災復興から一歩前に進み、新しい道への歩み出しを意味するものとなりました。
吉乃川では、以前より震災5年目に記念の酒を出そうと計画を進めてきました。また、新潟日報社のふるさと復興キャンペーンに協賛しており、「希望、故郷という言葉がこれから前を向いて進むのに合ってる。ロゴは暖かいぬくもりを感じ、店頭に並んだらとてもいい」とロゴの使用を打診しました。
多くの人が被害を受けたのが中越地震。忘れることのできない地震、そして5年間の苦労を振り返りながら、支えあった家族、仲間、お世話になった方々と盃を交わしていただければと思います。吉乃川は、希望に満ちあふれた故郷を目指して参ります。それは、恵まれた水と大地に感謝し、うまい酒を造り続けることができる越後・長岡というすばらしい環境をこれからも守り続けることです。皆さんの願う希望あふれる故郷とはどのようなものでしょうか。


-希望の故郷へ 震災古酒-

中越地震時、まさに仕込み中だったタンクを、停電の中温度が上がりすぎないように水をかけながら守ったお酒です。その後、蔵の中で復興の足音を聞きながら、ゆっくりと寝かせました。風格のある香りと熟成されたまろやかな味わいをお楽しみください。

IMG_0057.JPG

720ml 974円
[蔵元] ㈱吉乃川
[造り] 古酒
[アルコール度数] 15度
[日本酒造] +8
[酸度] 1.4


-希望の故郷へ 越淡麗 純米吟醸-

米どころ新潟で15年の歳月をかけて開発された新しい酒造好適米『越淡麗』を100%使用し、震災後、建て直した新蔵「眞浩蔵」で醸しました。山田錦と五百万石を掛け合わせた『越淡麗』ならではのふくらみを感じさせる逸品です。

IMG_0056.JPG

720ml 2,000円
[蔵元] ㈱吉乃川
[造り] 純米吟醸
[アルコール度数] 15度
[日本酒造] +1
[酸度] 1.5
[原料米] 越淡麗

数量限定の造りとなっております。
(数量限定商品のため、在庫がなくなり次第終了させていただきます)

 
 
新潟の地酒ギフト専門店。越乃寒梅、〆張鶴、八海山、吉乃川などの日本酒の通販。お中元、お歳暮などの贈答に-やまさ

About 2009年10月

2009年10月にブログ「真智子の酒」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年09月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35